もどる
 最近思うこと  


■春爛漫  2018.3.31 PM11:00
 例によって自動的に年度末を乗り越えまして、今日だけは絶対に休むぞと、気合を入れた休日なのです。とは言え、遠くに出かける訳でもなく、とりあえず天気も良いので、何時もの近所の森に散歩に出かけてみることにしました。
 つい先日まで寒さに震えていたと言うのに、今ではもうすっかり春爛漫で、周辺には春の花がわんさかと咲いています。桜もほぼ満開でめちゃめちゃ美しいです。生駒山脈の尾根上には有料の自動車道が整備されているのですが、昨年の台風の影響で数カ所で路面が崩れていまして、復旧する気が無いのでしょうか、その後もそのままホッタラカシで、未だに通行止めが続いています。その影響もあって、休日というのに桜並木は私一人の貸切状態。これは滅多に無いことでしょう。
 今日はいつもより少しだけ足を伸ばして、遊歩道を更に奥までトボトボと進みますと、道端に木瓜の花が咲いているのを見つけましたよ。

    木瓜の花の様子

 真っ赤な花がビッシリと咲きそろってまして、桜に負けず劣らず、こちらも派手ですね。木瓜の花の近くにあるベンチに寝っ転がり、何も考えずにボンヤリと時間を過ごすと、とっても気持ちいいのです。すっかりリフレッシュすることができましたよ。
 さて、明日からは早くも4月で、新たな気持ちで新年度スタートなのです。とは言え、昨年度の積み残しがあれこれ残っていまして、まだしばらくは忙しい状態が続きそうな予感がします。もう頑張るしか無いですね。全くホントに、とほほ。。。



■シーズン開幕  2018.2.11 PM8:00
 つい一ヶ月程前の天皇杯決勝戦にて終了した2017シーズンのサッカーなのですが、早くも昨日のスーパーカップから2018シーズンの幕開けとなりました。我が贔屓のチームは先日の天皇杯優勝を受け、初めてのスーパーカップ出場となります。試合会場は埼玉県。私の場合はたまたま金曜日が東京出張でしたので、これ幸いと追加で一泊し、現地観戦することができましたよ。
 ・・・さて、朝ですぞ。試合開始までにはまだまだ時間がありますが、どうしましょ。どこかにノンビリできそうな良い場所は無いかなと地図を眺めてみますと、中浦和駅のすぐ近くにいい感じの公園を発見。とりあえず出かけてみることにしましょう。

    別所沼公園の様子

 駅から徒歩でほんの数分。都会の中とは思えないほどに落ち着いた雰囲気の公園ですね。中央の小さな島に祠があるようで、さっそく勝利祈願なのです。公園の神様、今日はなにとぞヨロシクね。
 公園はジョギングをされる方やノンビリと釣り糸を垂れる方など、多くの方が楽しまれているようです。湖畔のベンチに腰掛け、ボンヤリと湖面を眺めていますと、キンクロハジロやオナガガモなどがずいぶん手前まで近づいてきてくれまして、なかなか楽しい時間を過ごすことができました。この公園から隣の武蔵浦和駅までは桜並木の散歩道が続いていまして、こちらもかなり良い感じ。是非とも花の季節に訪れてみたいものですね。
 さて、試合会場は再び埼玉スタジアムなのです。昨年11月以来の短期間でこれで3度目、全くホントに最近ここに良く来ますね。。。試合の方は、我が贔屓のチームは毎年スロースタートですのでそれほど期待できないとの予想に反して、初っ端から素晴らしい連携プレーの連続でビックリなのです。全く従来では有り得ないほどの完成度で、これがホントにいつもの我がチームなのかと、正直目を疑ってしまいました。試合の方は、いつものお約束のように終了間際のミスでハラハラしましたが何とか勝利なのです、やったー万歳!

    表彰式の裏側の様子

 今回は控えめにバックスタンドからの観戦でしたので、表彰式の後ろ姿を写真でパチリ。ホントに素晴らしいシーズンの幕開けとなりました。関係者の皆様に感謝、感謝なのです。来週からは本格的にサッカーシーズンが始まりますが、今シーズンも期待してますので、ヨロシクね。



■熊野古道  2018.2.4 PM9:00
 週末は学生時代の友人と恒例のクエ鍋グルメツアーに出かけていました。例によってお一人様の私は、一人で車移動も何なので、クエ鍋のついでに宿周辺の熊野古道も楽しむべく、鉄道利用で出かけることとしました。少し早めに自宅を出発し、御坊手前にある紀伊内原駅で下車します。

    いい感じに枯れた駅舎の様子

 紀伊内原駅の様子はこんな様子。最近めっきり少なくなった木造の駅舎なのです。枯れた雰囲気がとっても良い感じで、いつまでも大切にしたいものなのです。今回はここから北上して湯浅の街を目指します。街道沿いには『王子』と呼ばれる祠がいくつもあり、その度に寄り道しつつ、トボトボと進みます。
 途中の鹿ヶ瀬峠付近は現存する最長の石畳の道だそうで、昔の旅人もこの石を踏みつつ歩いたのかと思うと感慨深いものなのです。

    石畳の古道の様子

 古道はほとんどの場所では現在でも生活道路として現役で、新しい道が横切りつつも街道の雰囲気が維持されていまして、昔の風景を何となく想像しながら楽しく進むことができます。鹿ヶ瀬峠を下ると広川の街で、この周辺だけは古道を無視するように現国道が敷かれ、さらに高速道路のインターも重なるように整備され、整備に伴い『王子』も微妙に移設されたりと、由緒正しき古道が残念ながらズタズタになっていました。時代の流れとは言え、んんー、困った。。。

 温泉宿でクエ鍋を楽しんだ翌日は、小雪交じりの冴えない天気でしたが、湯浅の街から熊野古道を更に北上します。途中、立派な車道もあり、藪を掻き分けつつ進む小道もありと、いろいろなバリエーションを交えつつ、根性で古道をトレースします。みかん畑の中の急な坂道を登り切れば、そこは糸我峠なのです。峠にはその昔茶屋が2軒あり、保存したミカンを夏場に頂くのが名物だったそうな。『其氣味佳妙(カミョウ)にして金掌玉露にも勝るとして他郷の人は殊更に驚嘆す』だったらしく、どんなお味だったのだろとか、どやって保存したのかな、など、いろいろ気になりますね。。。是非ともどこかで復刻していただきたいものなのです。

    遠くに有田川

 峠を越えると遠くに有田川が見えます。今日のところは川の対岸にある紀伊宮原駅までのミニ旅としました。熊野古道は世界遺産でもあり、途中の要所にスタンプも設置されていまして、スタンプラリーも楽しめます。今後クエ鍋とセットで楽しめればなと思っていますが、この調子だと踏破まで何年掛かることやら。。。



■天皇杯  2018.1.2 PM6:00
 皆さま新年明けましておめでとうございます。このコーナー、本年も思い出した頃に時々カキコしますので、末長くよろしくお願いいたします。
 さて、僕の新年はサッカー観戦からのスタートとなりました。贔屓のチームが天皇杯の決勝戦まで進みまして、例によって埼玉まで新幹線での日帰り観戦なのです。我がチームの決勝進出は14年ぶりとのこと。前回ももちろん現地観戦で、試合結果は残念ながら準優勝で悔しい思いがあったものの、現地はお祭り騒ぎでなかなか楽しい様子なのでした。とにかく元日から真剣勝負できることが素晴らしい事なのです。
 少し早めの時間にスタジアムに到着し、周辺をウロウロと見物なのです。スタジアムの片隅でずいぶん長い行列が出来ていまして、優勝カップが展示されているとの事。並んで待つ事しばし、憧れの天皇杯の目前まで近づく事が出来ましたよ。

    由緒正しい天皇杯の様子

 おぉー! ピカピカですね。素晴らしい。今回は何とかゲットしたいものなのです。細かく見ますと、箱が某有名ブランド物のようで、少し笑ってしまいました。
 試合の前の全員での国歌斉唱にあぁ感動。 試合の方は、先制されたものの、今シーズンの我がチームは全くホントに頼もしく、同点、そして逆転。終了間近の相手チームの猛攻にはハラハラしましたが、何とか凌いで、なんとなんと優勝なのです。やったー万歳! 座席がたまたま表彰台のすぐ近くでしたので、紙吹雪まみれになって、あぁ感無量。カップがピンクに染まりましたよ。選手および関係者の皆さん。ホントに本気で、おめでとう。

    授賞式の様子

 ところでこの紙吹雪、ただの銀紙では無く、天皇杯との文字がプリントされたずいぶん立派なものなのでした。記念に少しゲットしましたので、お守りとして財布の中に入れておこうかなと思っています。ご利益あるかな?


これより古いのをご覧になりたい方はこちらへ、どうぞ。


もどる